王女殿下はお怒りのようです 7.星に導かれし者

王女殿下はお怒りのようです 7.星に導かれし者

八ツ橋皓 イラスト凪白みと

絡まる運命の糸は転生王女(レティシエル)に収束する――――

プラティナ王国とイーリス帝国の戦争は続く。帝国内の急進派であったディオルグを討ってなお、帝国の攻勢が勢いを増す中、レティシエルが命じられたのは帝国本陣への潜入調査だった。そこでレティシエルが目にしたのは、無辜の民の魔力を奪い、兵器の動力とする非道な行いだった。かつて王女であったレティシエルは静かに怒りを燃やす。必ずこの戦争を止めなければならない、と。
しかし帝国の企みすらも、レティシエルに忍び寄る悪意の序曲に過ぎなかった。
行方を眩ませたはずのサリーニャ。千年前のレティシエルを知るサラと白の結社。
絡まり合う運命の糸は、すべてレティシエルへと繋がっている――

ピンナップ
  • 王女殿下はお怒りのようです 7.星に導かれし者

商品概要

王女殿下はお怒りのようです 7.星に導かれし者

判型A6
レーベルオーバーラップ文庫
ISBN978-4-8240-0022-4
発売日2021年11月25日
価格759円(税込)