• 2014/05/21オーバーラップ文庫広報室ブログにて、「デスニードラウンド ラウンド3」の最新情報と店舗特典を公開しました。
  • 2014/04/28NOVELページにて「デスニードラウンド ラウンド1」の期間限定全文無料公開中!(4/28〜5/20まで)
  • 2014/04/28「デスニードラウンド3」書影とあらすじを公開しました。
  • 2014/04/23部隊証4月26日開催のオーバーラップ文庫1周年大感謝祭のステージイベント「サポーターズフェス」会場にて、松倉がその身につける半面髑髏、半面ジャック・オー・ランタンの部隊章を数量限定で販売します!
    12時半のフェス開場より販売開始、無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。価格は1個1500円です。
  • 2014/04/23カード4月26日開催のオーバーラップ文庫1周年大感謝祭「1DAYスタンプラリー」にて、有隣堂ヨドバシAKIBA店でスタンプをもらうとデスニードラウンドのカードが貰えます。こだわりの技名をお楽しみに!
    さらに、K-BOOKS秋葉原新館にて販売される記念クッキーには、しれっとP君がラインナップされていますよ。詳しくはこちら
  • 2014/04/23カードオーバーラップ文庫1周年ゲーマーズ・書泉合同フェアにて「眼鏡っ子ユリ」の大判しおりが貰えます!詳しくはこちら
  • 2014/04/23カードオーバーラップ×アニメイト オーバーラップ文庫1周年記念フェアにて「ロナウダ×ユリ」大判イラストカードが貰えます!詳しくはこちら
  • 2014/04/23オーバーラップ文庫1周年フェアを各店にて開催中!
    有隣堂ヨドバシAKIBA店で赤井てら×アサウラ描き下ろし色紙を展示中です。
    有隣堂ヨドバシAKIBA店、アニメイト池袋店にて複製イラスト展示中です。
    有隣堂ヨドバシAKIBA店、アニメイト秋葉原店、アニメイト池袋店ではサイン本を販売中です。
    (展示企画、販売状況は各店によりますので予めご了承ください)
  • 2014/04/08オーバーラップ文庫1周年大感謝祭公式サイト更新!
    ステージイベント「サポーターズフェス」の情報解禁です。デスニードラウンドはアサウラ・赤井てら両先生を迎えてトークライブを行います。入場無料ですので、ぜひ遊びに来てください!
  • 2014/04/01「オーバーラップ文庫1周年大感謝祭」で行われるサポーターズフェスにて、DNR初のステージイベント開催決定!
    アサウラ・赤井てら両先生が登壇予定です。
    詳しい情報は大感謝祭公式サイトにて随時更新致します。
    こちらのNEWS欄でもお伝えしていきますので楽しみにお待ちください!
  • 2014/04/01「デスニードラウンド ラウンド3」5月25日発売決定!
    気になるあらすじはNOVELのページをチェック!
  • 2014/04/01デスニードラウンド特設サイトオープン!

STORY

北海道独立戦争から4年、栃木群馬間紛争から3年……。
高校2年生の葛ユリは、合法・非合法を問わずに仕事を請け負う組織の組合所で、仕事をもらおうとしていた。
銃を使ってお金を稼ぐために。そして稼いだお金で、両親が残した多額の借金を返済するために。

「えー葛ユリさん。俺の独断だけど、あなたのケツ持ちを決めました。多分、要望だった住み込みってのもOKだと思うよ」
山田という担当者にそう告げられて、未来への希望を胸に宿し鼻息を荒くしたユリが連れて行かれたのは東京の片隅の商業ビル。銃声と爆音を背にして現れたのは、強面な顔つきながらどこか寝起きのような目の顎髭を生やした男松倉だった。

表向きは民間の警備会社として、武島と大野という二人のメンバーとともに組合から危険な仕事を請け負う「松倉チーム」に預けられることになったユリ。
そこでユリは、まるでファンタジーのような狂乱の戦いを体験する。

厳しすぎる現実の中で、それでも夢は、希望はあったほうがいいと銃を握るユリは、未来を切り開くために戦い抜けるのか!?

CHARACTER

  • 葛ユリ(YURI TSUZURA)

    親が多額の借金を残して失踪。返済のために学生と傭兵の二足の草鞋を履く16歳、高校2年生。元バスケ少女。
    傭兵組合から紹介された、〝死に損ない〟ばかりの松倉チームに預けられる。
    アピールポイントは『前向きなところ』で、つらい境遇にも負けることなく、銃を手に取り自らの手で未来を切り開こうと奮闘する。
    燃費が悪くて、お腹は空きがち。
    まるで巨大な倉庫のような松倉チームの詰め所の一画に、パーティションとダンボールで自分のスペースを作り、そこに寝泊まりしている。

    装備

    SA58 OSW
    サイドアームにブローニングハイパワーMkⅢ

  • 松倉(MATSUKURA)

    北海道出身の30歳。大学卒業後、後輩の大野を引き連れ、北海道軍に志願。北海道独立戦争に従軍することとなる。その際、極めて特殊な役割を担った部隊に配属となるのだが……。
    終戦後、仲間と共に北海道軍を離れ、義勇兵として栃木群馬間紛争に転戦。
    紛争終結後は都内で大野・武島らと警備会社を興すが、それは表向きの顔。実際は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う民間の傭兵チームである。
    料理が好きで、キッチンは彼の聖域。ただしお洒落な料理は得意ではなく、あくまで男の料理といった趣き。ユリの胃袋をガッチリ掴んでいるという噂。

    装備

    近代化したAK47、またはUMP
    サイドアームにキンバーのCUSTOMⅡ

  • 武島(TAKESHIMA)

    180㎝を超える長身、モデルのように整った容姿の22歳。ヘビースモーカー。
    性格は〝豪快奔放〟そのもので、とにかく良く喰い、良く呑む。祖母はロシア人。
    とにかくデカイ銃、猛烈に連射出来る派手な銃が好きなため、基本的にメインアームはマシンガン系。いわゆるトリガーハッピーで、人に向かって銃を撃っている時が至福の時。
    突然チームに転がり込んできたユリの境遇に、唯一アドバイスをくれる存在でもある。実は誰よりも面倒見が良いのかもしれない!?
    酔うと童心に返ったり、飼い主に甘える大型犬のようになったり色々と面倒。

    装備

    RPK
    サイドアームにS&W シグマ

  • 大野(OHNO)

    童顔・童貞(武島談)の28歳。
    とても〝良い人〟だが、頭はポンコツ。
    しかし、近接戦闘時だけは状況の先読み、判断力その他諸々に優れる。ただ、戦闘時にテンションが最高に達すると後先考えない捨て身の行動が多くなる悪いクセがある。
    また生存能力が非常に高く、どんな状況に陥っても必ず生きて帰ってくるだけの力と運を持つ。チームの『いじられポジション』とも言える。
    松倉は大学の先輩で、よく一緒に鍋を食べながらレンタルDVDを見ていた仲である。武島とは北海道での地元が同じという関係である。

    装備

    モスバーグM590、もしくはレミントンM870
    サイドアームにグロック17。

NOVEL

  • デスニードラウンド
    ラウンド1

    著:アサウラ
    イラスト:赤井てら

    ISBN:978-4-906866-15-1
    2013年4月25日発売

    ご購入はこちら

    女子高生傭兵がマスコットキャラクターを撃つ!

    多額の借金を持つ女子高生のユリは返済のために、銃を持ち、己の命をリスクに晒す……そんな危険な傭兵稼業に手を出した。彼女は合法・非合法を問わず危険 な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。
    「こ、これ、ヤバくないですか!? 超ヤバイですよね!?」
    ユリの初仕事は、なんとバーガーショップのマスコットキャラクターを襲撃することだった…!
    不可思議な仕事依頼をきっかけに、銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる──ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか!?

    ユリVSロナウダ ユリが戦うマスコットキャラクターはバーガーショップ「ワックマインド」のロナウダ・ワックマインド
  • デスニードラウンド
    ラウンド2

    著:アサウラ
    イラスト:赤井てら

    ISBN:978-4-906866-27-4
    2013年8月25日発売

    ご購入はこちら

    友達を守るのに理由はいらない。絶対助けます!

    借金返済のために女子高生傭兵を続けるユリの前に、台湾から美鳳という狙撃手がやってくる。
    同年代だった美鳳とユリは自然と仲良くなっていき、いつしかユリの学校の先輩・宇佐美玲奈も一緒に遊ぶ関係になっていった。
    そんなある夜、ユリの携帯に宇佐美から1本の電話が入る。
    「ユリ…お願い、助けて。あ、あたし、殺される」
    そして銃声と、甲高い子供のような人ならぬ声。
    はたしてユリは大切な人を守る事ができるのか…?
    泥だらけの逃走、迎撃、そして事態は群馬県へ。
    現実を生き抜くためにユリが撃つ、今度の敵は──警察だ!

    ユリが戦うマスコットキャラクターはみんなの安全な生活を守る警視庁のP(ピー)君
  • デスニードラウンド
    ラウンド3

    著:アサウラ
    イラスト:赤井てら

    2014年5月25日発売

    ご購入はこちら

    悪夢と絶望の国DNRで壮絶なサバイバルゲームが始まる!

    ある日、組合から松倉チームに妙な依頼が入る。尋常ではない高額なギャラの仕事とは『DNR(デスニードラウンド)』というテーマパークで夜な夜な行われている『何か』の調査だった。一般客に紛れてDNRへ来たユリ達は招待を受けたとある園内のレストランへと足を運ぶ。そこはDNRの真のゲストだけが訪れることを許された、秘密の会員制クラブだった。そこでユリ達は知る。DNRの真実と仕組まれた狂気のシステム、そして閉園後の禁断のイベントを。迫り来る、楽しげな音楽と笑顔に包まれた電飾で彩られたパレード、DNRの人気マスコットキャラクター達……。
    「悪夢と絶望の国へようこそ! 幸福な死を君に──ハピデス!!」
    悪夢に占められた夜に、未来を求めて足掻く者達のサバイバルゲームが始まる!

TOP文庫ノベルスcomic onlineアニメ/ゲームポケットモンスターミュージック女性実用書リキューレWEB SHOP