ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました

その新人冒険者

超弩級

著:寺王 イラスト:由夜

第1巻5月25日発売

ストーリー|あらすじ

強大な魔物が棲むSランク指定区域『禁忌きんき森底しんてい』。その只中で天涯孤独な幼子ジードは魔物を喰らい10年を生き延びた。その後、世間知らずなジードは腐敗した王国騎士団に捕獲されて命令のままに働いていたが、彼の規格外の実力を見抜いた王都のギルドマスターからSランク冒険者にスカウトされて!? そして冒険者ギルドでの初日――騎士団のノリで働いたジードは3日間不眠不休で数百数千の依頼を達成!? 以降も圧倒的な身体能力と魔法技術で次々と依頼をこなしていく。ジードに自覚はないが、その実力は“人外魔境”のSランクすら凌駕しており……!? 超弩級新人冒険者の最強サクセスファンタジー、開幕!

キャラクター

  • ジード

    Sランク指定区域『禁忌の森底』で魔物を喰らい成長した青年。その後クゼーラ王国騎士団に捕獲されて奴隷のごとく扱われていたが、リフのスカウトで騎士団を脱退。Sランク冒険者となる。

  • クエナ

    クゼーラ王国で活動する冒険者。“刀身が燃える剣”を武器に誰ともパーティーを組まず、単独でAランクまで上り詰めた実力者。面倒見が良いわりに秘密主義な一面もある。

  • シーラ

    クゼーラ王国第一騎士団の副団長。騎士育成学園を首席で卒業した誠実で優しいエリート少女。騎士団で不当な扱いを受けるジードをずっと気に掛けていた。

  • リフ

    クゼーラ王国王都のギルドマスター。見た目は幼女だが高ランクの冒険者からも一目置かれる凄腕の魔法使い。その実力はSランク冒険者以上とも!?

  • ランデ

    クゼーラ王国第一騎士団の団長でシーラの父親。傲慢かつ自己中心的で騎士団を私物化している。騎士団にいたジードをまるで奴隷のように扱っていた。

  • ソリア

    神聖共和国の国教・アステア教の筆頭司祭。通称【光星の聖女】。Sランク冒険者でもある。なぜかジードのことを一方的に知っているようで……!?

  • ルイナ

    ウェイラ帝国で新たに誕生した女帝。実力主義者で世界中から有能な人材を集めている。どことなくクエナと似た雰囲気があるように見えるが……?

  • ヴィーグ

    スティルビーツ王国の第一王子。Aランク冒険者でもあり、『閃斬』の異名をもつ。いきなりSランクに認定されたジードをライバル視している。

  • ジード

    ジード

    Sランク指定区域『禁忌の森底』で魔物を喰らい成長した青年。その後クゼーラ王国騎士団に捕獲されて奴隷のごとく扱われていたが、リフのスカウトで騎士団を脱退。Sランク冒険者となる。

  • クエナ

    クエナ

    クゼーラ王国で活動する冒険者。“刀身が燃える剣”を武器に誰ともパーティーを組まず、単独でAランクまで上り詰めた実力者。面倒見が良いわりに秘密主義な一面もある。

  • シーラ

    シーラ

    クゼーラ王国第一騎士団の副団長。騎士育成学園を首席で卒業した誠実で優しいエリート少女。騎士団で不当な扱いを受けるジードをずっと気に掛けていた。

  • リフ

    リフ

    クゼーラ王国王都のギルドマスター。見た目は幼女だが高ランクの冒険者からも一目置かれる凄腕の魔法使い。その実力はSランク冒険者以上とも!?

  • ランデ

    ランデ

    クゼーラ王国第一騎士団の団長でシーラの父親。傲慢かつ自己中心的で騎士団を私物化している。騎士団にいたジードをまるで奴隷のように扱っていた。

  • ソリア

    ソリア

    神聖共和国の国教・アステア教の筆頭司祭。通称【光星の聖女】。Sランク冒険者でもある。なぜかジードのことを一方的に知っているようで……!?

  • ルイナ

    ルイナ

    ウェイラ帝国で新たに誕生した女帝。実力主義者で世界中から有能な人材を集めている。どことなくクエナと似た雰囲気があるように見えるが……?

  • ヴィーグ

    ヴィーグ

    スティルビーツ王国の第一王子。Aランク冒険者でもあり、『閃斬』の異名をもつ。いきなりSランクに認定されたジードをライバル視している。

キーワード

  • 冒険者ギルド
    冒険者を統括する組織。クゼーラ王国の王都にあるギルドを本部とし、世界各国に支部が存在する。ギルドに所属すると依頼の受諾や身分の証明が可能となる『冒険者カード』の発行、治癒所の無料開放、依頼遂行に際する各種手当の支給など、様々な優遇措置が受けられる。
  • クゼーラ王国騎士団
    クゼーラ王国を守護する騎士団。第一騎士団から第三騎士団まで存在し、第一は王都近辺の守護、第二は王国全体の守護、第三は他国との国境の守護を主な任務とする。一般的に騎士といえば名誉な職業だが、噂によると一般団員は戦時中の兵士のようにこき使われているとか……?
  • Sランク冒険者
    冒険者の最高位。冒険者ランクにはFからSまでがあり、Sランクに到達できる者は数年に一人現れるか否かとされる。世間ではAランク冒険者で雲の上の存在と言われており、Sランク冒険者となるともはや一般人の理解の及ばない存在。Sランクを“人外魔境”と評する者もいるほど。
  • Sランク指定区域『禁忌の森底』
    Sランク冒険者相当の実力がなければ攻略不可能とされる魔の森。外周部はCランク冒険者でも討伐可能なレベルの魔物が多いが、奥地にはAランク~Sランク相当の魔物が跋扈している。ジードは5歳から15歳(推定)までの約10年間、この森で魔物を喰らいながら生き延びた。
  • 勇者
    かつては魔王と戦う者を『勇者』と呼んでいたが、魔族との戦いが沈静化した今は“人族の希望”を象徴する存在となっている。本来は女神の神託で選ばれた者が勇者であったが、魔族側が動かない限り、女神も神託を下すことはないため、現在は『勇者協会』という組織が選定している。
  • 魔族
    魔王の下で人族と争いを繰り広げていた種族。魔王はすでに死亡しており、七つある魔族の領地は『七大魔貴族』が統治している。人族に比べて魔力も身体能力もはるかに高いが、個体数が少ない。停戦協定により人族と魔族の争いは禁じられているが、近年魔族に不穏な動きもあり……!?

シリーズ既刊

  • 文庫 ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました 1

    ブラックな騎士団の奴隷がホワイトな冒険者ギルドに引き抜かれてSランクになりました 1

    ISBN:978-4-86554-660-6
    2020年5月25日発売
    693円(税込)

    購入する