第7回オーバーラップ文庫大賞受賞作品

Re:RE -リ:アールイー-

不死身の敵を、殺し尽くせ!

著:中島リュウ イラスト:ノキト

Re:RE -リ:アールイー-

Re:RE -リ:アールイー-

著/中島リュウ イラスト/ノキト
  1. 試し読み
  2. 購入
特典情報はこちら

ストーリー|あらすじ

“転生者”――五年前、レッドガルドに突如現れ侵攻を始めた不死の者達。
人々の遺体を乗っ取り蘇る彼らによって、レッドガルドには今日も戦火の粉が舞う。
その地において、殺された娘の遺体を取り戻すため、転生者を狩り続ける男がいた。
自ら命を燃やし、民衆の戦意をも焚きつける彼の名はディル・スティールリンク。
ディルは旅の最中、一人の少年、シド・ファロンを転生者の手から救う。
旅に同行することになったシドは、やがてディルの背中に憧れるようになり――。
これは運命に抗い続ける男達の、戦いの物語。
第7回オーバーラップ文庫大賞【銀賞】受賞、不撓不屈の超神話級バトルファンタジー!

“転生者”――五年前、レッドガルドに突如現れ侵攻を始めた不死の者達。人々の遺体を乗っ取り蘇る彼らによって、レッドガルドには今日も戦火の粉が舞う。その地において、殺された娘の遺体を取り戻すため、転生者を狩り続ける男がいた。自ら命を燃やし、民衆の戦意をも焚きつける彼の名はディル・スティールリンク。ディルは旅の最中、一人の少年、シド・ファロンを転生者の手から救う。旅に同行することになったシドは、やがてディルの背中に憧れるようになり――。これは運命に抗い続ける男達の、戦いの物語。
第7回オーバーラップ文庫大賞【銀賞】受賞、不撓不屈の超神話級バトルファンタジー!

キーワード

レッドガルド

  • レッドガルド
    ある大陸の名称。南北で大きく気候が異なる。太古の時代に降り立った十三大エクスマキナの、ひとつが中央部に、またひとつが南方へ、残りは北方に散らばった。基本的に魔法のような力は存在せず、古くから人類は鍛え上げた肉体ひとつで、同じ人間や怪物、時には神と戦ってきた。そうした英雄たちの物語は、今も叙事詩や演劇の形で伝えられている。神が沈黙し、英雄が消え去った現代は、転生者が支配する死者の時代である。
  • 聖戦
    五年前までおこなわれていた大規模な戦争。機械神エクスマキナを奉じるテレイア・北方都市同盟と、エクスマキナ降臨以前の古代神ティタンを信仰する勢力が、大陸を二分して争った。最終的に、現代唯一の英雄に率いられるテレイア側が勝利を収めるが、決戦の直後に転生者が出現。大陸最大の国家テレイア帝国は、またたくまに転生者の手に落ちた。主人公ディルは、その敗残兵の一人である。
  • 北方十一都市バルカン
    かつて降臨した神の一柱、エクスマキナ・アンピュテイションを崇める人々が築いた都。エクスマキナ降臨の衝撃で生じた、巨大なクレーターの中央に存在する。神の力で築かれた城壁の内側では、神にして巨大工場であるアンピュテイションが昼夜を問わず稼働し、人々の暮らしを支える。転生者によって故郷アスプロ・テレイアを失ったディルが、家族とともに移り住んでいる。

転生者

  • 転生者
    聖戦決着の直後、突如として現れた、蘇った死者たち。その血液は青い。レッドガルドの水準から逸脱した科学で武装し、スキルと自称する不可解な力も行使する。自らの肉体を持たず、仲間を増やすためにレッドガルド人の死体を必要とするため、戦いは避けられない。借り物の肉体が滅びても、別の死体に乗り換えて何度でも蘇る。
  • スキル
    能力の種類は多岐に及ぶが、ある程度系統があり、念動力や瞬間移動、発火能力などと大別される。ごくまれに、分類されていない未知のスキルや、複数種類のスキルを同時にあつかう転生者が存在するが、例外。そのような特異個体は、何らかの重いリスクを負っているという。力の源は、転生者の本体とされる青い血液。
  • プロジェクト
    レッドガルド侵攻を任務とする、転生者たちの主力部隊。統率された行動力と、圧倒的な物量でいくつもの街を滅ぼし、死体を回収してきた。その一方で、侵略とは別の不可解な任務もこなしている。こうした秘密は幹部たる「チーフ」や「マネージャー」のみが知り、末端の構成員に明かされることはない。プロジェクトが捨て駒同然に消費する機械獣は、レッドガルドの神エクスマキナと奇妙な類似点を持つようだが……。

シリーズ既刊

  • 文庫 Re:RE-リ:アールイー-1 転生者を殺す者

    Re:RE-リ:アールイー-1 転生者を殺す者

    ISBN:978-4-86554-821-1
    2021年1月25日発売
    715円(税込)

    購入する