押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。 2

押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。 2

青猫草々 イラストぴよ寺むちゃ

「マイヤのだんな様は強いのです!」

「リーン様はマイヤの大切なだんな様で、師匠なのですよ」
戦うことをやめた英雄リーンと、自身の価値を認められなかった獣人の奴隷少女マイヤ。ひょんなことから始まったちぐはぐな共同生活と、竜の襲撃から街を守った事件を通して、2人は再び自らの人生に向き合い始める。
生きることへの執着を取り戻したリーンは、人竜戦争の激戦で蝕まれた身体の治療のため、“勁”の師である女性ミナヅキの行方を探していた。その手がかりを求め訪ねたのは、リーンにとって懐かしくも苦い記憶の残る故郷カツィカ。
かつて竜に灼かれた地で、リーンとマイヤを待ち受けるものとは……?

ピンナップ
  • 押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。 2

商品概要

押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。 2

判型A6判
レーベルオーバーラップ文庫
ISBN978-4-86554-305-6
発売日2018年1月25日
価格745円(税込)
  • アマゾンで購入
  • セブンネットショッピングで購入
  • 楽天で購入

新刊情報