最果てのパラディンⅧ

最果てのパラディンⅧ

奥橋睦 原作/柳野かなた キャラクター原案/輪くすさが

恐れるな―― 私はあなたとともにいる。

ルゥを従士として雇い、行動を共にするウィルは領内に現れた不死者への対応を、ルゥの初陣の場として選ぶ。
そして〝柱の塚〟へと出向くと、そこには――
「ようこそ、我が寓居へ。二年ぶりかね? 灯火の戦士よ」
不死神・スタグネイトの遣い〈ヘラルド〉が待ち受けていた。軽口をたたきつつ、巧みにウィルを誘惑せんとするヘラルド。だが、不死神の本当の用件は、近い将来訪れるであろうウィル自身の死を啓示することだった。
竜の咆哮がこだまし、〝獣の森〟が、〝灯火の河港〟が、魔物たちの狂奔の渦に飲まれていく。
自身の死と、邪竜の圧倒的な暴力のイメージにウィルは、膝を折ってしまい――。

「小説家になろう」発、王道ハイファンタジー青年が〝真の勇気〟を知る第8巻!!

コミックス

商品概要

最果てのパラディンⅧ

判型B6
レーベルガルドコミックス
ISBN978-4-8240-0010-1
発売日2021年9月25日
価格715円(税込)
コミックス

コミックス新刊情報