拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ2

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ2

八色鈴 イラストダンミル

「――それでも、もう貴女を手放すことはできないんだ」

心に深い傷を負ったまま命を落とし、子爵のひとり娘へ転生したジュリエットは後悔していた。前世の夫・オスカーと再会した際、両親を侮辱された彼女は、反射的にオスカーへ平手打ちを見舞ってしまったのだから。
そして、そんな彼女のもとにオスカーから手紙が届く。そこには、ジュリエットを夕食会へ招待したいということ。加えて直接謝罪をしたいという旨が綴られていた。前世ではついぞその成長を見ることが叶わなかった愛し子・エミリアへの想いから夕食会へ参加したジュリエットは、その席でエミリアからある提案を持ち掛けられる。それはエミリアの家庭教師をジュリエットが務めるというもの。意外にもオスカーまでそれに賛成し、ジュリエットは彼の城で生活することになるのだが……?
『氷の騎士』と呼ばれた伯爵と、彼に愛されることなく命を落とし、転生を果たした『はずれ姫』。
これは、そんな不器用な二人が紡ぐ、恋の物語。

ピンナップ
  • 拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ2

商品概要

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ2

判型B6
レーベルオーバーラップノベルスf
ISBN978-4-86554-811-2
発売日2020年12月25日
価格1,320円(税込)